ハーモニカ横丁(はーもにかよこちょう)


吉祥寺北口徒歩1分にあるランドマーク的昭和な空間「ハーモニカ横丁」
(「ハモニカ横丁」と呼ばれることもあるのですが、正式名称は、「ハーモニカ横丁」だそうです。)
混沌とした狭い路地には、飲食店や魚屋さん、八百屋さん、洋服店、雑貨店、カフェなど、新旧100ほどのさまざまなお店がひしめき合っています。
入り込んだら迷路のようなハモニカ横丁、人とすれ違うのもやっとの小路に、次々と個性的なお店が現れるので、お店を探すのも楽しめます。
お店はカウンターや小さなテーブル席が中心のこぢんまりとした造りのお店が多く、他のお客さんと触れ合うことができるのも、ハーモニカ横丁の楽しみ方のひとつです。

ハーモニカ横丁、名前の由来

そもそもハーモニカ横丁の歴史は古く、第二次世界大戦後の1940年代後期、荒廃した吉祥寺駅前にできた闇市がはじまりでした。
その闇市の名残で、入り組んだ細い路地の中に小ぢんまりとした商店が混沌と立ち並ぶ様を、楽器のハーモニカの吹き口に例えたことから由来して、現在の呼び名である「ハーモニカ横丁」と名付けられました。

アクセス・地図

JR吉祥寺駅北口 徒歩1分